アツモリソウ、ウチョウラン、イワチドリ、希少山野草を生産販売しています。

ウチョウランとその仲間

ウチョウランとその仲間

 ウチョウランも含めて、いわゆる「チドリ」の仲間は以下のように分類されます。どこまでを「チドリ」とするか明確な基準はありませんが、「千鳥」に似た花が咲く比較的小型のラン科植物とすれば以下のようになりますでしょうか。

「チドリ」の分類

 ウチョウラン属(Ponerorchis ポネロルキス)
  ウチョウランP. graminifolia
   アワチドリ(P. graminifolia var. suzukiana
   クロカミラン(P. graminifolia var. kurokamiana
   サツマチドリ(P. graminifolia var. micropunctata
  ヒナチドリ(P. chidori
  チャボチドリ(P. chidori var. curtipes
  ニョホウチドリ(P. joo-iokiana
  チョウセンチドリ(P. pauciflora
  タカサゴチドリ(P. takasagomontana

 ヒナラン属(Amitostigmaアミトスティグマ)
  イワチドリ(A. keiskei
  オキナワチドリ(A. lepidum
  コアニチドリ(A. kinoshitae
  ヒナラン(A. gracile

ウチョウランの地域変種>

 また産地識別を目的とした通称名が使用されることも多く、通称名として以下のようなものがあります。
  クロシオチドリ(長崎県平戸島)
  ショウドシマウチョウラン(香川県小豆島)
  テバコチドリ(愛媛県手箱山)
  ミマサカチドリ(岡山県)
  オオウチョウラン(愛媛県石鎚山系)
  ガンコラン(千葉県)

アワチドリ(P. graminifolia var. suzukiana

 千葉県南部、房総半島の低山に自生しているウチョウラン地域亜種の一つです。
 かの有名な鈴木吉五郎氏によって発見されました。和名の由来は、鈴木氏が「亀山から清澄山に行く途中、上総の国からわずかに安房の国に入った場所、清澄山四方木付近で発見したため付けた」と言っていたそうですが、実際にはもっと広範囲に(上総国にも)自生しています。自生環境は、川沿いの斜面など水気の多い場所で、ウチョウランに比べて水分を好みます。
花は小ぶりで、距は細くて小さいですが、非常に着花数が多く、大きくなると100花以上咲くことも珍しくありません。葉の枚数も多く、これは蒸散量が多くなることより、水分を好む性質をあらわしているものと思われます。
 ウチョウランやその他の種と交雑が行われました。紅斑紋仁王も紅点が縦に割れるアワチドリの紅一点(紅二点?)を用いられたと聞きます。またアワチドリの形質は斑紋花にも用いられました。「初雪系」の一部にはアワチドリの形質が導入され、円弁で非常にくっきりとした斑紋花が作出されています。また他に、黄花や赤花など色変わり、奇形花を狙った交雑も行われました。

クロカミラン(P. graminifolia var. kurokamiana

 佐賀県の黒髪山産の地域亜種です。黒髪山(標高518m)、その連山の青螺山(標高599m)周辺部に自生しています。ウチョウランに比較して花茎が細く、葉はやや狭く2枚~3枚で腰高に着き、すっきりした草姿です。草丈は10~20cm程度で花間をあけ、清楚な花を10~15花くらい咲かせます。花は、唇弁は平均して豊かで、広幅舌のものが多く三裂相接し、正中線を中心に強く湾曲する個体が多いです。兜は小さく、距は細くて短いのが特徴です。
花色変化が少なく品種改良もほとんど行われていないため、いまだに山野草の風情を残し、郷土の花として地元(九州地方)を中心に楽しまれています。

サツマチドリ(P. graminifolia var. micropunctata

 鹿児島県の下甑島産の地域個体群で、昭和55年に新種として発表されました。発見当時はクロカミランが種として扱われていました。花期は6月下旬から8月上旬と、ウチョウランの仲間では最も遅咲きです。花は、距が短く、唇弁には細かい多くの斑点が生じます。15~30数花と比較的多くの花を密集してつけます。自生地は断崖絶壁が連なる海岸の岩場~山間部の急斜面で、強烈な西日が当たり、夏期40℃以上になる所にもたくさん自生しています。したがって耐暑性があり、栄養繁殖率も良好です。
 最近話題となっている緑花は、サツマチドリの交雑種と言われております。以前より側裂弁に黄覆輪がまわる形質があり、これらから改良したのでしょう。またサツマチドリには、特に仁王系で日に日に大きくなる大輪形質があり、横径で4cm近くになる超巨大輪が出現することがあります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional